Remains of ....
今どきウルティマオンラインのあれやこれやに尽力する様
同カテゴリの記事
Search this site
<< テイマーマスタリーの詳細が来てた他 | TOP | Thrustとマスタリークエスト >>
スポンサーサイト(続きを読む|たたむ)

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
DevM&Gでした話(続きを読む|たたむ)
北斗のdev Meet&Greetで改良品へ締め付けを緩和してほしい、という話をしました。
その時に大変な長文だったため「改良品を強くしてほしい」じゃだめなの?という声が聞こえてきたのですが、はっきり言ってダメです間違いなく「その予定はない」で蹴られます。
そのため開発の意図を理解したうえで改良の性能が現状に即していないことを伝える必要がありました。

まず理解しておかねばならない、そして理解していることを示さなければならないことですが、現在の開発チームは改良によって強力なアイテムを作ることを強く制限するつもりでいるということです。
特に補強不可と修理不可のネガティブオプションをつけない場合の予算ポイント(便宜上の名称)はかなり低く設定されています。
強力な装備品でありながら補強の粉末によって延命し続けられるものは世に出回らせたくないという意図です。
そして強力な装備を作るならトレードオフで装備の寿命を差し出せ、とそういう形で改良システムを管理しています。

これを理解していることを伝えなければお決まりの文句で門前払いされることは目に見えていました。

補強不可の改良品(左)とモンスタールート品(右)
補強不可をつけると鍛冶ルニックの1ランク分予算ポイントが上昇します。耐久性は良耐性のオプションをつけたものです。

改良システムが出た頃はモンスタールート品も強力なものには重いペナルティが設けられており、修理不可・補強不可・カースの三重奏はざらにありました。
それがモンスタールート品の改善により、修理不可がなくなり、カースの出現率が大幅に下がり、補強不可品は最初から高い耐久値を持つようになりました。このおかげで多くのプレイヤーがモンスタールート品を利用するようになりました。
補強不可のペナルティを受け入れるなら、高耐久高性能高抵抗の強力な装備に保険を掛けて運用しても良いという下地ができたということです。

また揃っていることが稀ではあるものの、モンスタールート品は全ての抵抗値+15で生成されることがあり、この時の合計増加抵抗値は75になります。これは武器学ありHQの20と比べると大きな数値と表現せざるを得ません。
メサナはエンハンス(素材強化)と繰り返し発言していましたが、モンスタールート品にも素材強化を適用することができるので解決作にはなりません。

さて、モンスタールート品は改善されましたが改良はそのままです。
改良における補強不可は防具の種類にかかわらず耐久性の最大値を35に固定します。これに良耐性のオプションをつけて耐久性の最大値は45です。
モンスタールート品の制限が緩和されたのであるならば、同じペナルティを差し出しているこの数値も緩和されて使いやすくなってしかるべきだろうとそういう話に持って行こうとしたのです。



今回はEMアジアンタムさんの多大なる協力もあり、検討するという言葉をいただけました。
パーティと個人のルート量のバランスが悪いという件でも解決に半年以上の時間を要しています。おそらく今回の件も対処してもらえるとして随分先の話になるのだろうと思います。
それでももしかしたら生産者に上位ルニックを使う楽しみが帰ってくるなら嬉しいことではないでしょうか。
(低くない可能性でモンスタールート品の弱体化も考えられるので、装備品の収集は怠らないようにしようと思っています)


M&Gでは話の門前払い率が大変高いです。その原因の大半はプレイヤーとメサナの理解が噛みあってないことにあります。
そのため要望をする場合彼女の誤解を解くことがまず何より最初に必要になります。
まず前置きをすること、粘り強く聞いてもらうこと(これは毎回EMアジアンタムさんが食い下がって話を聞かせようとしてくれています)この両方があってやっと「調査してみるわ」にたどり着くのです。
今回その前置きと説明のために翻訳を担当してくださったEMアジアンタムさんに大変な負担をかけてしまったので次は機械翻訳でない台本を用意しておこうとおもいます。
posted by 骨粉 | 06:02 | columns | comments(3) | - |
スポンサーサイト(続きを読む|たたむ)
posted by スポンサードリンク | 06:02 | - | - | - |
コメント
はじめまして。
パシフィックをメインに活動していたmyumyuと申します。

今回のアップデートで、また迷子になりそうだったので
Webを検索していたところ、こちらのHPに辿りつきました。
検証がとても丁寧ですごいですね。
そして、M&Gの事・・・。メッサナとのディスカッションは
常々わたしも同じような印象を受けていました。
残念ながらM&Gに参加するチャンスがありませんでしたので
いつも、皆様のHPやブログで、当日の内容を拝見させて頂いて
の印象になりますが、ご指摘のとおり、門前払い率、そして
メッサナに真意か伝わらないまま、発言を終わらせなければ
ならない率・・・。多いように思います。
日本人プレイヤーは、素晴らしいアイデアを持っている方が多い
ので、M&Gの場で彼らのアイデアが、もう少し気軽に提案
できれば、プレイヤーのモチベーションも上がるし、UOという
ゲームを、もっと楽しく出来るのにと、この意思疎通の難しさを
とても残念に思います。
日本語と英語の壁というのもありますので大変でしょう。
同時翻訳されたEM様には本当に頭が下がります。
そして、ご自身の改良品のご提案も、皆がまさしく待ち望んでいる
変更案だと思います。ご提案ありがとうございました。
これからも、検証、提案、がんばってください。
2015/10/11 11:35 by myumyu
はじめまして。
M&Gについて同じような感想をもたれている方が他にもいて嬉しいです。
日本人プレイヤーのアイデアが全然吸収できない、というのもありますがバグやフィードバックの報告も英語でなければできず、「わざわざ英語にしてまで報告する義務もない」という感じでそれらの機会も大きく損失しているように思えますね。
台所事情もわからないことですし、スタッフを捻出できないだけとは思いますがもったいないなあという気持ちが常にありますね。

ところでアップデート情報ですが、ここではブログの性質上参照可能性の低さから自分の興味があること以外はフォローしておりません。
その点については申し訳ありませんが、個別に質問コメントをいただければ分かる範囲でお答えできると思います。
※かならずお答えできるとは限りませんが
2015/10/13 17:26 by Corpse
お返事ありがとうございます。
頂いておきながら、長らくお礼のコメントもお返し
できず、申し訳ありませんでした。
あいかわらず、素晴らしい検証をされていて感嘆いたします。
'自分の興味があること以外はフォローしておりません。'
とありましたが、それは当然で、私もいろいろ検索して
こちらに辿りつきました。興味を同じところとする方々と出会えて
嬉しいという気持ちです。みなさん同じ思いだと思います。

ところで、ニューパッチを控えてのアメリカシャードの
動向は、ダンジョンDOOMの喧騒が一段落して、調教に
シフトしております。
これは、アメリカの特徴なのか、なんなのか分かりませんが
DOOMもシャドウガードも、ひと通りレアアイテムが
出揃い、いきわたると、すーっと勢いが落ちて行きます。
イベントでも見られますが、アイテムありきの感がものすごく
強いです。誰かが言っていましたが、UOはもはやアイテムゲーの
様相を示しているようです。
EMやGMとの話も、イベントでのBOXを止めさせてくれ、
○○というキャラが腐りでチートツールを使っている バンしてくれ
というような感じです。これは私が見た一部に過ぎませんが。
上記の質問に対してのEM、GMの答えは、メッサナしか対処できない問題だ。というものです。メッサナの権限が強すぎるのか、絶対的にEMGMが不足しているのか、その両方か。
話がそれてしまいましたが、バグ報告や、プレイヤーの要望に対する動きはとてもとても遅いです。反応も、聞いているのか、聞いていないのか?といった感じを受けるプレイヤーが多く見られ、プロデューサーに対する不信不満はとても強いです。
対英語圏の人間に対してもこの有様なので、日本語圏に関してはさもありなん、という感じでしょう。
市政ガバナーに関して言えば、日本人プレイヤーがプレイヤーイベントを開催しブログなどで報告されているのを時々拝見させて頂いております。私はアトランティックで遊んでいますが、プレイヤーイベント?なにそれ?美味しいの?状態で、見た事も聞いたこともありません。2週間に1回開催される、プレイヤーオークションにEMがゲートを開くくらいでしょうか?プレイヤー最多シャードでこの有様です。
つらつらと愚痴っぽくなってしまいました。すみません。
日本人ほどこのゲームを愛している人たちはいないのに、その
アイデアが生かされないのが悲しい。という気持ちがついて回ります。
M&Gに関しては、同時通訳を2人立てることである程度の問題は
解決されるでしょう。(通常の同時通訳は2人以上必要)
そこに要求される、ゲーム知識、英語力、日本語力 全てを兼ね備える人材がブロッドソードにいないというのは、こちらでも触れられて
いた、日本語HPに関する問題と同じなのでしょう。
事前に質問内容を知る事ができれば、ある程度の英語力で翻訳は
できるでしょう、しかし問題はディスカッションで、そこでいかに
プロデューサーを説得できるか、否か。
フォーマルイングリッシュを駆使してメッサナを怒らせず、説得するにはなかなか骨が折れそうです。
長くなってしまいまい申し訳ございません。
どうか、この素晴らしいHPが長く続きますように。
ありがとうございました。
2017/04/07 02:16 by myumyu
コメントする