Remains of ....
今どきウルティマオンラインのあれやこれやに尽力する様
当ブログの内容については転載・引用ご自由にどうぞ。ただし転載先でのトラブルに責任を負いません。
同カテゴリの記事
Search this site
<< 29.海賊襲撃 | TOP | 29.クアドラプル >>
Doomソロ1時間の耐久と短命と(続きを読む|たたむ)

長くDoomに居座りたい、という人のブログを見て果たしてDoomでの消耗は如何程のものかという興味が湧いたので早速ソロで1時間ほど回してみた。

構成は DOOM周回キャラ構成とでやり方は動画の通り。実は動画はDoomの記事を書いてたころにすぐアップロードしていたんだけど何故かブログには掲載しなかったらしい。

 

部屋と部屋の間の移動時間は計測時間に含み、記帳時間は計測期間から外してある。1時間で6週して以下のような結果になった。

周回数 初期 1周 2周 3周 4周 5周 6周
経過時間 08:36 17:47(11:11) 26:01(8:14) 38:29(12:28) 48:56(9:27) 60:01(11:05)
備考 雑魚湧き極少 5番2匹 4番2匹 DF2匹 DF2匹 2番2匹
鉄頭 248 242(-2) 240(-2) 238(-2) 230(-8) 223(-7) 218(-5)(-30)
鉄首 140 136(-4) 133(-3) 129(-4) 120(-9) 108(-12) 102(-6)(-38)
鉄足 245 241(-4) 238(-3) 235(-3) 233(-2) 226(-7) 221(-5)(-24)
皮胴 220 220(-0) 211(-9) 205(-6) 196(-8) 193(-6) 184(-9)(-36)
皮腕 216 212(-4) 211(-1) 207(-4) 198(-9) 192(-6) 190(-2)(-36)
皮手 190 185(-5) 181(-4) 178(-3) 167(-11) 158(-9) 151(-7)(-39)
皮背 156 152(-4) 149(-3) 141(-8) 137(-4) 126(-11) 120(-6)(-26)
指輪 247 243(-4) 239(-4) 237(-2) 225(-12) 212(-13) 209(-3)(-38)
腕輪(短命) 222 212(-10) 199(-13) 184(-15) 170(-14) 151(-19) 138(-13)(-84)
1,2番武器 242 240(-2) 239(-1) 238(-1) 234(-4) 231(-3) 226(-5)(-16)
3番武器 255 251(-4) 244(-7) 244(-0) 244(-0) 244(-0) 242(-2)(-13)
4番武器 253 253(-0) 253(-0) 251(-2) 250(-1) 250(-0) 248(-2)(-5)
5番武器 254 253(-1) 251(-2) 249(-2) 248(-1) 247(-1) 247(-0)(-7)
DF武器 251 245(-6) 239(-6) 233(-6) 222(-11) 210(-12) 208(-2)(-43)

 

武器の消耗がおとなしいのは武士盾でないうえに、武士100も確保してないため受け流しが発生しないせいです。

 

防具の消耗がソロでたったの6周で40近くあることから、長期間潜るなら防具は少なくとも修理か補強ができる必要がありそうです。

ソロの場合DFの数が少ないことが多いこと、複数出ても1匹ずつ処理することなどから特殊反射ダメージを受ける機会は少ないです。これが複数人になるとエリア武器で2体・3体のDFまとめて相手することになるのでエリア分の反射もうけて一人あたりの攻撃回数が減る以上に被ダメージ回数が増えることになるからです。

武器の方は消耗が激しいのはDF用武器だけなので、周回したい回数/30 本のDF用武器を用意すればよさそうです。

 

防具は裁縫と細工は現地でも修理できます。また鉄防具の場合はアーティファクトや非錬成品に限定することで補強の粉末を使って耐久を回復することができます。ただし補強の粉末の樽は保険をかけることが出来ません。

 

私はDungeon Doomに長く篭もるのはNethack以外じゃやりたくないですけどね。かーっ、NethackならDoomの中で生活できるのになーっ!

 

さて短命の話ですが、腕輪はこのような品を使っています。

アトランティックで左のようなアクセを各2mでまとまった数を手に入れることができたのでこういう風に錬成して使ってみています。

今回はサンプルが極めて少ないのでこれだけを参考に結論を出すことは難しいですが、普段の体感からも戦闘中の時間経過による耐久減少の影響が大きく通常の耐久減少プロセスで減少量が増大する方の影響はやや少ないと考えています。

時間内での戦闘の密度が濃いほど短命の影響は少なく、戦闘の密度が薄いほど短命の影響が大きくなるということです。(体感ですよ)

 

損得の話をしますと、私は通常のクリーンな速度アクセを15mで購入していますので練成素材費をあわせても6倍の速度くらいまでは経済的に損は無いと思えます。

もちろん修理の回数が増えるのでそれが手間に感じるというのはありますし、短命なしと同じ額で複数のバリエーションのアクセを持てるというメリットもあります。

私の例だと普段は騎士・解剖+のアクセを使っていて、レジ入り時のバリエーションとして短命でレジ・解剖のアクセを用意するといった具合です。

 

これは個人的な好みや性質の話なのですが、伝説の短命品のような(たとえ短命でなくても)強烈な個性を持つアイテムにキャラ構成の大部分を頼ってしまうと削れるのが惜しく感じて戦闘行為を忌避してしまいそうなのであまり伝説品は使いたくなあとは思ってます。

もちろんそこを割り切って伝説の耐久が終わったらこのビルドは終わり!と終わりを怖がらずに楽しめたら最高なんですけどね。

 

JUGEMテーマ:ウルティマ オンライン

posted by 骨粉 | 09:30 | columns | comments(0) | - |
スポンサーサイト(続きを読む|たたむ)
posted by スポンサードリンク | 09:30 | - | - | - |
コメント
コメントする